ごあいさつ

 この企画展は、JICA 横浜海外移住資料館の研究プロジェクト「海を渡った花嫁たち」の研究成果に基づ くものです。この研究プロジェクトは、2006 年から3 年をかけて実施されました。特に、当海外移住資 料館の展示に女性移民についてのページを付け加えることを視野におき、海外移住した女性たちに関する 資料を集め、歴史を掘り起こすことを目標としていました。歴史に埋もれがちな女性移民の声を聞き、そ の人生をたどり、海外の日系社会や移住先国での活動や貢献を紹介したいという思いがありました。
この 展示によって、女性たちが、主体的に、力強く生きてきた姿を見ていただきたいと思います。 この展示は、4 つのセクションから成り立っています。写真によるお見合いによって戦前にアメリカに 移住した「写真花嫁」のセクション、同様に写真によって戦後にブラジルに移住した「花嫁移民」のセクショ ン、戦後に米軍兵士・軍属と結婚してアメリカ本土に移住した「戦争花嫁」のセクション、そして米軍兵士・ 軍属の妻としてハワイに移住した「軍人花嫁」のセクションです。
なお、この展示ならびに図録は、「写真花嫁」を柳澤幾美、「花嫁移民」を島田法子、「戦争花嫁」を安冨成良、そして「軍人花嫁」を土屋智子が担当しました。展示総括と図録の編集は島田が責任を負いました。
3 年間の研究の成果の一部をこのように企画展という形でお見せできることは大きな喜びです。この展 示には、多くの女性移民の方々の協力をいただきました。聞き取り調査・アンケート調査に協力いただい ただけでなく、貴重な資料を見せていただき、複写を許していただき、さらには多様な展示品を貸与ある いは寄贈していただきました。深く感謝するものです。さらに、アメリカ本土やハワイ、さらにブラジル 在住の研究者・関係者の皆様、そして博物館・資料館から、情報や資料の提供も受けました。ここに深く感謝の意を表したいと思います。

平成21 年10 月16 日

プロジェクト責任者 島田法子(日本女子大学教授)
プロジェクト研究員 安冨成良(嘉悦大学短期大学部教授)
  柳澤幾美(名古屋外国語大学非常勤講師)
  土屋智子(UC サンディエゴ院生)





  

展示MAPへ

このサイトについて

展示概要へ